Diary

2016年を振り返って。その1

  • 2016/12/30 20:36

今年も残すところ、あと一日となりました。
新刊『炎の蜃気楼 昭和編 紅蓮坂ブルース』も無事発売となり、
ほっとしつつ、年末年始も変わらず原稿にいそしんでおります。
さて、2016年に刊行したものを、並べてみますね。

2月『炎の蜃気楼昭和編 無頼星ブルース』(集英社コバルト文庫)
  『人魚島』(リブレ)
6月『遺跡発掘師は笑わない 悪路王の右手』(角川文庫)
8月『炎の蜃気楼昭和編 悲願橋ブルース』(集英社コバルト文庫)
  『遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手』(角川文庫)
12月『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』(集英社コバルト文庫)

今年は全部で6冊刊行という感じでした。
(ラストは一応2017年1月刊という体ですが)
どれも思い入れ深いですが、『遺跡発掘師~』の東北編は、特に震災の復興発掘を描くということで、とても神経を使った分、形にできたことが感慨深く。
取材での出会いの数々もありがたかったです。遺跡発掘にたずさわる方、文化財保存にたずさわる方、現場の方々のお声をたくさん聞けて理解も深まったように思えます。
このシリーズは、現代に軸足を置きつつ、歴史や過去と向き合うストーリーなのですが、ダイナミックな大きな歴史の流れのことばかりでなく、自分の住む町の身近な文化財のこと、それを失うこと、守ること、そういうものにまで考えを深められたように思えます。
そこで得たテーマを、番外編という形で書くことにしました。
小説屋sari-sari1月号に掲載されます。こちらもよろしくです。

またミラージュの昭和編も、いよいよ佳境に。
本編でもたびたび触れてきた景虎と直江と美奈子の三人の関係に焦点がしぼられ、あらためて、彼らの道筋を体験してきました。プレッシャーも大きいので、常に戦場にいる気分ですが、最後まで書き切れるよう、体力をつけたいと思います。あと二冊。

リブレさんのほうからは『人魚島』がすてきな単行本で発売されました。
自分自身、心身ともに疲労しきって癒やしを求めていた時期に書かれたこともあって、あらためて読んでみると、火山島や海といったモチーフは、その時求めていたものなのかなと。その場にはいなくても、想像の中で自然の力に癒やされた気がした作品でもありました。黒髪褐色肌がたくさんかけて楽しかった。
また雑誌のほうでは一本、「ブラックスワン」という読み切りが書けました。
シュバルツ・ヘルツでも取り上げた冷戦終結の頃の東独がモチーフ。やはりあの時代の東欧はドラマティックです。
そしてエロスを書くと筆が鍛えられます。人間の本能と向き合い、それを描くのは大変ですが、作家には大事な作業です。

文庫書き下ろしが2シリーズ同時進行になってしまうと、どうしても、スケジュールがそれだけで埋まってしまい、なかなか新しいものや読み切りが書けないのですが、来年ミラージュが完結しますので、そのあとは『カサンドラ』的な読み切りにもじっくり取り組みたいと考えております。(その2に続きます)

『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』発売

  • 2016/12/27 22:33

961.JPG

日記では大変ご無沙汰しております。
なんと! 舞台の振り返りもしないまま、今日に至ってました!
Twitterのほうでは十分振り返ったのですが、おかげさまで大成功でございました。
観に来てくださった皆さん、ありがとうございました。
そして、夜叉衆ブギウギの次に来るのは、新刊ということで。

『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』本日発売です!


本年最後の新刊となります。
イラストは、高嶋上総先生。
この迫力あるカバーイラストの景虎が目印。

昭和編第八巻。内容のほうは、佳境が近づいてまいりました。
織田との苛烈な戦争とともに、景虎と美奈子をめぐる直江の苦悩は、彼ら自身を追い込んでいきます。
本編で断片的に描かれてきたエピソードの数々を描くのは、本当に、気持ち的には戦場にいるような思いです。
急坂を息きらしながら、のぼっているような。
そんな八冊目です。
残り二冊の予定。
泣いても笑っても、ラストが近づいています。
いっしょにこの坂を最後まで上りきってやってください。
よろしくお願いいたします。

舞台『炎の蜃気楼昭和編 夜叉衆ブギウギ』開幕!

  • 2016/10/23 02:25

舞台『炎の蜃気楼 昭和編 夜叉衆ブギウギ』、無事初日あけました!
観に来てくださった皆さん、ありがとうございます。

稽古場にも何度か訪問して、舞台が作られていくのをつぶさに見ていましたが、
キャストもスタッフも、本当に熱心で暑苦しいくらい熱く、話すことといえば、、
ずーっとミラージュと演劇のことばかり。そんな皆さんで作り上げた舞台。

夜叉衆それぞれが主役のエピソードを詰め合わせ。
私の書き下ろし脚本も一本。
ミラージュという物語を象徴しつつ、ここでしか書けない物語となりました。
思い入れの深い一本です。是非多くの皆さんにみてもらいたいです。
お待ちしております。

公演日程:2016年10月21日(金)~30日(日)
劇場:シアターサンモール(新宿御苑前)

原作:桑原水菜(集英社コバルト文庫刊)
演出:伊勢直弘
脚本:西永貴文(猫☆魂)

<出演>
《レギュラーキャスト》
富田翔・荒牧慶彦/
佃井皆美・藤本涼・増田裕生・林修司/
笠原紳司・水谷あつし
《ゲストキャスト》
安藤彩華・才川コージ・西條義将(登場順)
《殺陣衆》
菅原健志・小笠原竜哉・北村海・湯浅雅恭
《アンサンブル》
丘本るり・さいとう雅子・池内理紗

<公演タイムテーブル>
10月21日(金) 19:00~
10月22日(土) 14:00~/18:00~
10月23日(日) 14:00~/18:00~(追加公演)
10月24日(月) 19:00~
10月25日(火) 14:00~/19:00~
10月26日(水) 14:00~※/19:00~
10月27日(木) 19:00~
10月28日(金) 14:00~※/19:00~
10月29日(土) 14:00~/18:00~
10月30日(日) 15:00~

詳細は公式ブログhttp://blog.livedoor.jp/mirage_stage2016/
をごらんくださいませ。

追加公演はまだチケットもあるそうです。また当日券も必ず出るとのこと。
是非いらしてください。おまちしております。

 

サイト開設12周年の感謝

  • 2016/09/23 06:31

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、秋分の日を過ぎて、急に寒くなってきましたね。
秋がきますね。

さて、本日、当サイトは開設12周年を迎えました!
おかげさまで干支ひとまわり!!
それもこれも覗きに来てくださる皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。
これからも桑原水菜の活動の発信拠点として、続けていきたいと思います。

(管理人さん、いつもほんとにありがとう!
これからもよろしくお願いします)

私もいい年なので、なかなかこちらでのオリジナルを書く余力が作れないのが歯がゆいですが、また何か書けたときは、こちらでお知らせしますね。

そして近況。
先日は、取材旅行で佐賀と長崎に行ってきました。
長崎県松浦市の埋蔵文化財センターにお邪魔して、充実の取材をさせていただきました。前から書きたかった題材なので、今から執筆が楽しみです。
いま書いているものの告知もまもなくできるのではないかと思います。
待っててください。

そして、舞台『炎の蜃気楼昭和編 夜叉衆ブギウギ』の稽古も始まりました。
顔合わせにお邪魔してきたのですが、三年目で盤石のレギュラー陣と、新しい顔ぶれの皆さんと。前回、前々回とも全くちがう、新たな舞台が見られそうです。
楽しみです。
ぜひ観に来てください。
東京新宿のシアターサンモールにて、10/21~/30です。

ではでは、私は原稿に戻ります。
この一年も、桑原水菜作品を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

新刊『遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手』発売中

  • 2016/09/01 17:20

958.JPG

なんこんにちは。
気がつけば、八月も過ぎ去りまして、朝晩に秋の気配を感じるようになりました。さて、さっそくですが、

新刊『遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手』(角川文庫)

発売しております。今夏は三ヶ月連続で新刊が出ましたが、その締めくくり。
前巻『悪路王の右手』の続きで、前後編の後編になります。
陸前高田の復興発掘で『鬼の手』らしきものを発見した無量。一方、平泉での遺物盗難事件を追っていた忍。前巻の最後でなかなかのピンチに陥りましたが、

後編では物語はぐんぐんスケールを増し、意外な人物や様々な時代を経て、
真実にたどり着きます。
歴史をひもとき、現在の謎を解く。
決してサラリと読める作風の物語ではありませんが、過去から千何百年もの時を重ね、つながっていくドラマを楽しんでいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

そして本日発売の『 B's-LOG comic』9月号には、睦月ムンク先生の作画によるコミック版『遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠』第三回が掲載されてます。
いよいよあの人登場! お楽しみに!

悲願橋ブルース、本日発売

  • 2016/07/29 15:06

957.jpg

本日、『炎の蜃気楼 昭和編 悲願橋ブルース』発売です。

笠原家を襲った悲劇は、直江と景虎に、覚悟をつけることを迫ります。
そんなある日、景虎は自らのドッペルゲンガーらしき者に振り回されることに。

引き返すことのできない道へと踏み出した景虎と直江、
そして景虎と美奈子との関係は、徐々に直江の愛憎をかき立てていき……。

さて昭和編も残すところ、あと三分の一。
ぎゅぎゅっと濃度と緊張度を上げていきたいと思います。

よろしくお願いします。

ページ移動