Diary

2018年の日記

謹賀新年。2018

  • 2018/01/02 20:40

986.jpeg

明けましておめでとうございます。
あっというまに2018年が明けてしまいましたね。
今年も家族といっしょに箱根で過ごしておりました。
お天気に恵まれ、青空の広がる穏やかなお正月でした。

去年末にミラージュが無事に環結を迎えまして、
身も心ものんびりしたお正月になるかな、と思ったのですが、
分厚いゲラの著者校正を抱えているため、すぐに仕事始めとなりました。
そちらが終わったところで、やっと休養がとれるかと。

今年はおそらく「遺跡発掘師」シリーズの続編を手がけつつ、
新作の準備と執筆をする一年になりそうです。
いくつか挑戦してみたい題材はあるのですが、
いまの自分の関心と技量でどのようなものを書くか。
題材との出会い、物語との出会い、テーマとの出会い。
そういうものを求めていく年になりそうです。

あまり近視眼的にならず、
じっくり向き合ってみようと思っています。
〆切に追われている時にはかなわなかったことも多々有ると思うので、
自分を取り巻く世界のことを考えて、感じて、
自分がいま何を一番書きたいと思うのか。
何から卒業して、何を目指すのか。
かねてから考えていたことを実行に移す年になるかと。
そのためにも健康に留意して、体力をつけていきたいと思います。

というわけで、今後の予定ですが、今年一発目の文庫は、

1月25日 『遺跡発掘師は笑わない 君の街の宝物』(角川文庫)

です。無量初の短編集になります。
壮大な歴史ロマンはちょっぴりお休みして、今回は身近な文化財のお話です。
肩の力を抜いたやりとりがみられるかと。よろしくお願いします。

さてお正月恒例ということで、コメント欄をあけておきますので、
よければ、メッセージや感想などなど書き込んでくださると、私が喜びます。
(非公開設定もできます)
ミラージュ環結によせての想いなどもぜひ!お待ちしております。
本年も桑原作品をよろしくお願いいたします。

※コメント欄は閉めさせてもらいました。
 たくさんの熱いメッセージ、ありがとうございました!(1/11)

『遺跡発掘師は笑わない 君の街の宝物』発売中

  • 2018/01/27 16:00

987.jpeg

某作業に追われて更新が遅くなりました(すみません!)

新刊『遺跡発掘師は笑わない 君の街の宝物』(角川文庫)
発売しております。

イラストは、おなじみ、睦月ムンク先生。
今回はシリーズ初の短編集ということで、四つのお話を収録。
ご近所での発掘調査のお話、無量五歳のみぎりのお話、山城発掘の怪談話、萌絵と忍のコーディネーター試験のお話。
詰め合わせになりました。
いつものような遺物絡みの物騒な事件は起きない(人も死なない)ので
安心して読んでもらえるかと。
気軽に手にとってもらえると嬉しいです。

身近なところに埋もれている遺物や、身の回りの文化財や言い伝えなどを題材にしてみようと思いまして……。
今回のタイトルは以前、陸前高田市立博物館の熊谷先生とやりとりをしていた時に、
「自分の町にある、いつも目にするお地蔵さんとか、そういうありふれたものが、かけがえのない宝だということを知って、皆さんに大切にしてほしい」
と仰っていたのが印象深く、それをテーマしたいと思いました。
……ま、ちょっと文化財そのものからは話が離れてしまったかもですが……。
形にできてよかったです。

カメケンの日常なども描けて楽しかったです。
無量と忍と萌絵がいつも以上に元気です。
所長たち年長組も出てきます。
楽しんでもらえると嬉しいです。

文庫版『カサンドラ』発売しました

  • 2018/02/25 04:54

988.jpeg

平昌オリンピックもいよいよクライマックスですね。
この二週間、毎日目が離せませんでした。楽しませてもらいました。
肉体と精神どちらも鍛え上げてきたアスリートという人々は、素直にかっこいいです。

さて、
新刊『カサンドラ』(角川文庫)が発売しました!

2015年に単行本として発売されたものの文庫化です。
文庫版の装画は鈴木康士先生。
とてもスタイリッシュでハードボイルドなカバーイラストになりました。
鈴木先生、ありがとうございます。
物語の鍵になるアイテムや言葉がコラージュ風になっていて、
カバーをみるだけで胸熱です。

あらすじ

昭和28年。かつて日本海軍の空母だった客船アグライア号が、横浜港を出港。
保安隊(後の陸上自衛隊)の情報部に所属する入江秀作は、暗号名「カサンドラ」の流出をふせぐため、身分を隠して乗船する。
そこで、陸軍中野学校時代の同期だった佐賀英夫にそっくりな若者と出会うが……。
戦後史に隠された、日本の未来をかけた船上の闘いの行方は。

解説は三橋曉さんです。
終戦直後の時代背景などまで、とてもわかりやすく解説してくださいました。
物語の勘所を押さえた、大変丁寧な内容です。ありがとうございました。

文庫化にあたりまして、より精度を上げるため、いくらか修正を加えました。
未読の方も、ぜひお手にとってみてください。
読み応えのある作品にしあがったのではないかと思います。
よろしくお願いします。

コミカライズ版「遺跡発掘師は笑わない」2巻発売

  • 2018/03/02 18:31

989.jpeg

さてお知らせが続きます。
まずはこちら。

コミカライズ版『遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠』第2巻
作画/睦月ムンク先生(ビーズログコミックス)


発売しました!
原作で装画を担当してくださっている睦月ムンク先生によるコミカライズ。
第二巻は謎が謎を呼ぶ展開。
奈良県桜井市の上秦古墳で発掘調査中だった無量。
殺された教授となくなった出土遺物をめぐり、幼なじみの相良忍への疑惑がふくれあがります。

睦月先生による作画は、いつもながらに端正で、お話に出てくる古い文物や歴史をイメージ豊かに描いてくださっています。
発掘調査の現場も、とてもよく取材されていて、空気感が伝わってきます。
登場人物たちの繊細な表情にも、ぜひご注目を。
新キャラの鶴谷さんや美鈴さんも……アラフォー組がいい味出してます。
そして忍のやばさも……(笑)

アニメイトさんで購入すると特典のメッセージペーパーがもらえるそうです。
ぜひ原作の新刊と合わせてゲットしてくださいね。

舞台『紅蓮坂ブルース』Blu-ray&DVD発売記念イベント

  • 2018/03/02 18:48

お知らせその2です。
昨年10月上演しました舞台『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』のBlu-ray&DVD発売記念イベントが決定しました!
出演者の皆さんとともに、私もスペシャルゲストとして登壇します。
舞台を振り返りながら、皆さんで楽しいひとときを過ごしましょう。
以下詳細です。(トライフルさんのミラージュ公式ブログから抜粋)
*******

昨年上演された舞台「炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース」のBlu-ray&DVDの発売を記念し、ミラステ初のリリースイベントを開催することが決定しました!
「紅蓮坂ブルース」の映像を見ながら思い出トークに花を咲かせましょう♪
皆様のご来場をお待ちしております!

 

開催日時:2018年3月25日(日) 12時開演/16時開演
会場:オルタナティブシアター(有楽町)  https://www.alternative-theatre.jp/
チケット料金:6,000円(全席指定・税込)
       ※前売り・当日共 ※未就学児入場不可
チケット一般発売日:2018年3月17日(土)10:00~

 

<出演者>
◆12時開演回
富田翔・平牧仁・佃井皆美・笠原紳司・増田裕生
スペシャルゲスト:桑原水菜先生

 

◆16時開演回
富田翔・平牧仁・佃井皆美・笠原紳司・水谷あつし・増田裕生
スペシャルゲスト:桑原水菜先生

 

◇チケットに関するお問い合わせ オデッセー 03-5444-6966 (平日11:00~18:00)
◇公演に関するお問い合せ トライフルエンターテインメント info@trifle-stage.com

 

協力:株式会社集英社
主催・制作:トライフルエンターテインメント



こちらのイベントのチケットの先行販売(抽選方式)を行います。
詳細は下記の受付URLよりご確認ください。
皆様のご来場をお待ちしております!

 

<先行販売詳細>
受付期間:3月5日(月)12:00~3月11日(日)18:00
当落確認:3月13日(火)13:00~3月14日(水)18:00
入金期間:3月13日(火)13:00~3月15日(木)21:00

リリイベ御礼&舞台『炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース』上演決定

  • 2018/03/27 15:51

3月25日に行われた舞台『炎の蜃気楼 昭和編 紅蓮坂ブルース』Blu-ray&DVD発売記念イベントにご来場くださった皆様、
ありがとうございました!
おかげさまでおおいに盛り上がりました。
久しぶりにミラージュファミリーの皆さんと再会し、私もとても嬉しかったです。
キャストさんたちの楽しいお喋り、そして熱い想いを聞くことができました。
私も壇上で楽しみましたよ。
夢のような一日でした!

そしてイベントの最後に
舞台第五弾『炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース』の上演決定が発表されました。
これが最後のミラステ。
舞台ミラージュのしめくくりになります。
メインキャストは全員続投となりました。
万感ございますが、信頼できるキャストとスタッフの皆さんに作品を預け、私もよき舞台のためのお手伝いができればと思っています。

ぜひ皆さん、万障お繰り合わせの上、観に来てくださいね。

******

舞台『炎の蜃気楼 昭和編 散華行ブルース』

8月11日(土)~8月19日(日)
全労済ホール/スペース・ゼロ(新宿)

公式サイト
http://trifle-stage.com/mirage2018/

 ******

よろしくお願いいたします。

ページ移動

  • 最初
  • «
  • 1
  • »
  • 最終