Diary

JR桜井線

  • 2004/10/17 22:23

ファイル 18-1.jpg

さて神紋強化月間(いつのまに!?)の一環としまして今週は「写メで行く連城響生旅【奈良編】」をお送りします
というわけでここはJR奈良駅。まずはこちらの桜井線に乗って桜井駅を目指します。実は私、小説本文で書き間違えをしまして桜井線は正しくはこのとおりかわいい「2両」編成です(通常)それでは出発☆

それでも火山は…

  • 2004/10/16 18:47

ファイル 17-1.jpg

やっぱり素晴らしい。
こちらは恵山。北海道の尻尾部分の先端にあたるところにある小さな火山。山の向こうが「とどほっけ村」です♪
というわけで北海道火山シリーズでした。
次回は奈良です♪

どう生々しいかというと

  • 2004/10/13 17:17

ファイル 16-1.jpg

こんな具合に道路が隆起してしまってたりする…。ガードレールが大変なことに!高さは6〜7mはあるでしょうか。噴火の力って…(・_・;)

だけど火山は…

  • 2004/10/13 17:08

ファイル 15-1.jpg

やっぱり怖い…。
こちらはまだ記憶に新しい2000年有珠山噴火の際に噴いた火口のひとつ。現在はすぐ近くまで行って見学できる散策路が整備されてます。生々しい噴火の爪痕が至るところに。

おみやげには…

  • 2004/10/13 16:13

ファイル 14-1.jpg

ぜひこれを♪
ミマツダイヤグラムがぱらぱら漫画みたいになっていて、昭和新山のでき方が手に取るようにわかります☆
これぞローテクのちから!しかもハンディサイズ♪地学の勉強にもどうぞ

昭和新山

  • 2004/10/13 16:00

ファイル 13-1.jpg

たった二年で畑が山に!
大地の力ってすごいです。こちらを訪れたら昭和新山の二年にわたる生成記録(ミマツダイヤグラム)を残された三松正夫先生の記念館にもぜひ!
昭和新山を愛し、ついには保護のため昭和新山を買ってしまった三松先生の情熱は火山の地熱のごとく

ページ移動