Diary

2019年の日記

六月になりまして。

  • 2019/06/25 04:10

気がつくと、もう六月も下旬ですね!
日記の更新もすっかり滞っておりました。すみません。
この二ヶ月半ばかり何をしていたかというと、ひたすら原稿を書いてました。
遺跡発掘師シリーズの新作です。
なかなか書き終わらない~と思っていたら、単純に当初の予定よりもページ数が増えていたという。無量シリーズは毎回、取材と題材の資料集めに結構時間がかかるので、骨が折れるのですが、書き上げた時の達成感も大きいです。
皆さんに楽しんでいただければ、報われます。
発売日などの告知は、もうしばらくお待ちください。

そして、いま、AT-Xというアニメ専門チャンネルにて、
懐かしのアニメ版ミラージュが放送中です。
一話につき週三回のリピート放送。
毎週木曜20:30~ 土曜12:30~ 水曜4:30~
です。いまは原作第二巻をやっているところですね。
有料放送にはなりますが、観られる方は是非。

さらに先日は、明正堂書店アトレ上野店の増山さまの主催で
「赤の神紋」の朗読会が行われたとのこと。
コバルトの手賀編集長も出席されて、盛況だったと聞き、嬉しいです。
ずいぶん前に完結して今は電子書籍のみ発売しているシリーズですが、
このようなイベントを開催していただけるのは、本当にありがたいことです。
感謝の一言です!
ありがとうございました!

そして、私の近況はといえば、この一週間はひたすら「読む」週間でした。
はい。そろそろあの季節ですよね。
新たな才能との出会いはいつだってわくわくします。発見も多いですしね。
刺激を受けつつ、次の作品もがんばります。
完全新作に取りかかる予定です。
ではではまた~。

『遺跡発掘師は笑わない 勤王の秘印』本日発売

  • 2019/08/23 02:02

1007.jpg

朝夕の空気に秋の気配を感じるようになりました。
猛暑もようやく一息ついたのか、だいぶ過ごしやすくなってきましたね。
八月もあと少し。原稿もがんばります。

さて、本日発売の新刊です。

『遺跡発掘師は笑わない 勤王の秘印』(角川文庫)

遺跡発掘師シリーズ第十弾です。
カバーイラストはおなじみ睦月ムンク先生。
カメケンの三人がミステリアスな雰囲気で、今回もとても素敵です。

舞台は四国、高知!
ある民家の庭から出土した「天皇御璽」と刻まれた銅印をめぐって、無量は極秘調査を依頼されます。が、その直後、何者かからの「天誅」をくらってしまい……。
その裏には土佐勤王党の密謀あり?

土佐といえば、幕末!
龍馬や中岡慎太郎、武市半平太……。
名前が出るだけでもわくわくするのですが、
土佐の歴史をさらに深くもぐっていきます。
萌絵の同級生や、宮内庁を名乗る謎の男も登場。
忍と繋がっているGRMにも新たな動きアリ、さて。

久しぶりに高知に取材にも行ってきました!
相変わらず鰹のたたきもアイスクリンも美味しかったです。
高知は山も海も素晴らしく、歴史は熱くドラマチックで心惹かれます。
ご当地発掘ミステリー、お楽しみください。

 

ページ移動